ちょっと真面目な表現規制のはなし その8

先日Twitter(のごく一部w)で話題に挙がった、「高校生がエロゲやってはいけない(法的)根拠についての議論 」についての、わたしの意見とちょっとしたお話

http://togetter.com/li/7122
http://d.hatena.ne.jp/GonbeNanashino/20100223/p1
http://d.hatena.ne.jp/GonbeNanashino/20100224/p2

いつもの決まり文句ですが
以下の内容はわたし個人の考えであり、特定の個人・団体の思想を貶めるものではありません
また、いかなる犯罪も容認するものではありません

○(法的)根拠について
まず筆者さんも述べておりますが、あくまで根拠の有無についてであり、件の高校生が悪いかどうかは別問題です
特に割れを叩いてる方、それ高校生関係ないから
ていうか件の高校生が割れを告白したわけではないので、「高校生の割れはいっぱいいる」みたいな統計のないことをサラっと言っちゃう人は、どこぞの強弁主張な団体と大して変わらないです
もっとクールにいこうぜ!

ただこの手の問題に敏感に反応してしまう気持ちは分かります
その背景には、この問題と切りたくても切れない事件、「沙織事件」があります
知らない方のために簡単に説明すると
男子中学生が成人向けゲーム『沙織』を万引きするという事件が発生
本来であれば男子中学生が裁かれる(良し悪しの前に万引行為)はずが、「子供に悪影響を及ぼす」という理由で当時の社長が猥褻図画販売目的所持で逮捕される
似たような事例で言えば、たとえ赤信号で急に飛び出して来たとしても、撥ねてしまったら運転手側に確認責任が問われる、といった感じですか
そしてこの事件によって、たとえ相手に非があっても自分達が責められるという状況から、身を守るためにソフ倫の設立となりました
だから製作者や健全なプレイヤーは、モラル守れない子どものせいでとばっちりを受けないよう、怒るわけです
お気づきの方もいると思いますがモラルの問題です
特に規制反対の方々は、沙織事件そのものが不当な規制といえるのですから、それを理由にするのはソフ倫のレイプレイ事件での対応をバカにできないです

さて法的根拠に関してですが、Twitterでもざっと述べましたが未成年購入者を裁く法律はありません
逆に販売側に関しては、ほぼ全ての都道府県でゾーニングと販売禁止が義務付けられています(条例等は各々違うので割愛)
ただし、未成年が年齢を詐称して購入した場合は、軽犯罪法か詐欺罪が適用できます
軽犯罪法15号:官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者
年齢は関係ないと思われがちですが、年齢によるサービスがある以上、不当な詐称は対象になります
例:親のクレジットカード(つまり親と詐称)を使う、兄の学生証を使ってタバコを買うなど
詐欺罪はもっと単純で
詐欺罪(刑法第246条) 1項:人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する(詐欺罪(狭義))
つまり人を欺いて、本来買うことのできないエロゲ(財物)を入手した場合は、詐欺が適用できます
尤も、未成年であるがゆえに責任能力的な観点で叱られて終わりの可能性もありますが

○青少年におけるアダルトコンテンツ
ちょっと範囲を広げましたw
ここまではTwitterで簡単に述べたのですが、そもそも法律を抜きにしたら高校生はエロゲをやってはいけないのか
規制賛成派の主な主張は「アダルトコンテンツが正常な育成に悪影響を及ぼす」といったところでしょうか
規制反対派の主張は「悪影響の科学的根拠がない」といった感じですか
多分「やるならバレないようにやれ」みたいな方々は、意識してるかどうかに限らず悪影響の明確な説明ができないと考えられます
そもそもアダルトコンテンツの悪影響ってなんでしょう?
性モラルが低くなる?少子高齢化なんだからむしろ推奨して、生まれた子どもが不幸にならない様な制度作りに力を入れればいいんじゃないでしょうか
マネして犯罪を起こす?犯罪率の調査もしていないのに何故そう言い切れるのでしょうかね
わたしが子供のころはテレビ、ゲーセン、ロックなんかが悪影響の対象でしたが、それらが緩和されている現在は昔より悪い状況でしょうか?
こういった主張に共通しているのは、子に悪影響を与えることではなく、親がやって欲しくないことという事だと思います
結局その時代において、親が子にやらせたくないことを押し付けている形なだけなんですよね
ただそれゆえに、なまじ悪いものという認識が強いため、正論を述べても納得されづらいという面があります
アダルトコンテンツなんてどうがんばっても「素晴らしいもの」にはならないわけで、規制賛成派にとっては叩きやすく反対派は反論しづらい、典型的ないじめられっ子位置ですね

余談ですが、よく人間は理性的に行動をみたいな意見がありますが、貞操観念なんかは精々100年前程度、環境問題などは50年前程度からなわけで、人間の本質を語るには弱い要素だよね


なんか微妙に纏まってない感じですがw
未成年諸君は、都市伝説で回ってる今の社会を恨め、といった感じで
まあ個人的には、軽率な行動がわたしのゲーム人生に影響を与える可能性を考えれば、文句の1つも言いたくなります
法的根拠はないけどねw

3/2 追記
更新記事がありましたので
http://d.hatena.ne.jp/GonbeNanashino/20100301/p1
あくまで根拠の有無
販売・購入のプロセス
規制反対を謳いながら規制強化を利用することの批判
等々

多分わたしと思考が似ていると思います
ボダランの評価も見るに、良い酒が飲めるw
特に東京都青少年保護条例改正案の解釈は見事
一旦オトナの価値判断を経由した性情報の摂取というルートのみを残すことで、(あくまでも)実質的なフィルタリングをかけるにとどめたい。
わたしは批判的に親が子にやらせたくないことを押し付けている形と表現しましたが

ただそれゆえにちょっと気になった部分を指摘
本来相容れない、消費者が安易に販売側の立場を借りることはNGとしていますが、それは条件に拠ります
今回の件は「沙織事件」という未成年が原因で規制強化された前例があります
レイプレイ問題もあって世間が悪い意味で認識しているので、こういうのが明るみに出るだけでさらにきつくなる可能性もあります
軽率な行動がわたしのゲーム人生に影響を与える可能性があるから販売側の味方なんです
結局巡り巡って自身に影響があるかどうか、マジコンも同様の理由と考えます
逆の例で言えば、タイムリーな話題でtwitterで歌詞をつぶやくと利用料が発生するという話
これは多くの方が反対すると思われます
なぜなら過剰な規制がわたしのtwitter人生に影響を与えるからです

ただ「正しい理屈」が「大衆にとって良い理屈」とは限らないわけで
天動説と地動説でガリレオ・ガリレイは結局裁判にかけられました
資料や観測結果という「正しい理屈」が、宗教や慣例といった「良い理屈」に負けた事例です
自画自賛ながら都市伝説で回ってる今の社会は言い得て妙かと
「高校生がエロゲやってはいけない根拠」はないけど「高校生がエロゲやってはいけない社会」なんだよね
で、ルールを守れない奴は叩かれる、と

ついでに乗っけておこう
津波予報の謝罪に対して擁護が多いけど、「かも知れない」で不安を煽ったんだから当然でしょ
ゲームは犯罪を助長する「かも知れない」から規制っていうのと変わらないよ
とまあ若干煽り気味に書いたわけですが、良く考えれば両者が違うことは分かるはず
ただ思考停止にはならないように、常に多角的に考える事は重要だと思うのです

おまけな話
東京都青少年保護条例改正案の話題が挙がっていますが
まあ答申内容からほぼ予想できていたので、ここでは簡単に
「非実在青少年」が槍玉に挙がってるけど、青少年への販売・貸付等の項目なので、いわゆるコスプレAVやエロゲは元から販売禁止で影響ないです
むしろこの条文だと明確に大人であれば性行為があってもOKってことになるんだけどw
青少年の何を守りたいんだ・・・
まあ可能性で突っ込むなら、判断基準が不明瞭、青少年限定であるとはいえ架空の規制を認めること、青少年の明確な基準がない、あたりでしょうか
重ねて言うけど、可能性の問題をあたかも事実のように語っちゃったら強弁主張する団体と変わらないからね
クールにいこうぜ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック