7/13 雑記

「ニコニコ動画」、削除時に権利者名表示へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/03/news017.html
作品利用ルール「ニコニ・コモンズ」、8月中旬から
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/04/news114.html

ひろゆき氏というかニワンゴのメンバーは頭の回転が早い方が多いと思います
アイデアが出るのもすごいし、それをサクっと実装に持っていってしまうのもすごい
個人として見ても、企業としてみても、そうそうできる事じゃないですよね

さて、今回の変更でユーザー側も権利者側もニコ動に関しては言い訳ができなくなりました
削除対象がハッキリするわけですから、ユーザーはきちんとルールを守って使用すべきですし、
逆に削除依頼が出なければ、権利者が使用を認めたと言えるわけです
さらにニコニ・コモンズで有名・無名にかかわらず作品を提供する場を作ったわけで
規制を逆手に取った非常に興味深い進化と思っています

ニコ動IDを取ったら負けだと思ってるけどw


コンビニ深夜営業自粛で論争
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080628/lcl0806281851002-n1.htm
利便性、防犯面、コスト、生活の変化などメリット・デメリットがある深夜営業ですが、そもそも深夜営業自粛の理由がCO2削減なわけですから、CO2削減の観点から考えます

まず引用記事にあるようにコンビニが深夜営業を自粛したところで、4%程しか効果がありません
現在、CO2排出量の多いのは、コンビニではなく工場などの生産施設です
排出量で言えば数十倍から数百倍にもなりますから、少ないところを規制するより多いところを規制した方が効果が出るのは明白です

まあ排出量のTOPが東京電力だったりするので、電力消費を抑えることは巡り巡ってCO2排出量を抑える事に繋がるとも考えられますが、ここで電気の特質を知らなければなりません
電気というのは基本的に貯めることができません
バッテリーを利用する手段もありますが、費用コストが高い上に大量に貯めておく事ができません
また電力供給量は一番消費の大きい昼間にあわせてあります
つまり夜間の電力は余っているのです
http://www.tepco.co.jp/corp-com/elect-dict/file/chu_01-j.html
http://ka.kyuden.co.jp//company_usage_index
ということは、昼間電力を使わず、夜間に回す方が結果としてCO2排出量に効果があると言えます

まとめると
夜間に回せる業種は夜間に回して昼間のピーク電力を落とした方がCO2削減に効果がある
どうしてもコンビニに営業自粛させたいのであれば、昼間の営業を止める方が効果がある
もちろん一人一人が省エネを心がけるのはいいことですが、効率の良い方法を取らないとね

なんでこんな話をしたのかというと、うちに24時間稼働マシンがあったりするからですよw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

神奈川県鎌倉市七里ガ浜町内会員
2008年07月18日 17:01
私は神奈川県鎌倉市七里ガ浜町内会の者なのですが、七里ガ浜海岸にセブンーイレブンが出来てから、
暴走族、改造車族、旧車会、深夜花火族などが集まり、一晩中続くロケット花火の騒音で、
住民の中には不眠で入院するものも出ました。
セブンーイレブンに買い物客以外停めさせるなと言っても、完全無視。
そこで、今では、鎌倉市民の税金を投入して警備員を雇い、7月1日から8月31日までの午後9時から朝の5時まで、
毎日七里ガ浜海岸を警備しているような状態です。
セブンーイレブンは、「巨悪」そのものですね。
七里ガ浜セブンーイレブンは、深夜でも2~3分おきに車が入って来て、驚きます。
暴走族の苦情も多く、毎日、毎晩、110番され、警察が取り締まりに来ますが、
セブンーイレブン駐車場の中なので、道路交通法で取り締まれず、警察も苦慮しています。
あれは鎌倉とは思えない光景で、環境破壊そのものです。
一度、見てやってください。驚きますから。
そのあまりにヒドイ様子を写真やビデオで撮って、いろいろな人が公開してくれると嬉しいです。
2008年07月19日 10:13
いや、わたしはCO2削減について述べているわけで、暴走族や騒音被害は別問題です
そうやってひとつの側面のみで功罪を判断してしまうことは危険な考えといえます
ある一点で問題があるから悪、ある一点でメリットがあるから善、とはなりませんよね
そもそもコンビニ深夜営業が無くなれば暴走族がいなくなるとは言えないわけで
もう少し視野を広げてみてくださいね

さて具体的対応ですが、傷害罪で警察を呼んで下さい
「騒音おばさん事件」が記憶に新しいですが、騒音による精神的苦痛は傷害罪に当たるとされております
これでしたら道交法関係なく取り締まれます
それを含めても警察が動かないようでしたら、弁護士に相談するのが良いでしょう
プロの方のほうが良い対処法を考えてくれると思います

この記事へのトラックバック