確かにキミはココにいた・七人のオンラインゲーマーズ

更新また遅れてしまいました(^^;
これやってたわけですが
とりあえずサバイバル300程まで進めました
強者はもうずっと先にいそうですが
詳しい話は次回に取っておくとして、今回はオンラインゲームを題材にしたえちぃゲーの紹介です

電脳世界を題材にした近未来的なものは結構前からアニメ・ゲームで見ますが、純粋に“現代のオンラインゲーム”を題材にしたものは私的に初です
しいて言えば.hackとかあるけど
そんな中同日に発売された2作品、オンラインゲームユーザーとしては試しにやってみようと
そうして出費が増えていく~orz

確かにキミはココにいた(あんでる)


オンラインゲームの親友が突如失踪し、リアルの彼を探していくというストーリー(かなりはしょってます)
物語当初から半数が既にリアルの顔を出していますが、実はこんな人だったんだというのを発見していく非常に王道なシナリオです
悪くはないが新鮮さがあるわけでもないってとこです
親友の正体が序盤である程度予想がついてしまったのもあり今ひとつな印象でしたが、手堅くまとまっていたのではと思います
紆余曲折あったらしく使われない設定やCGが公開されてたりしますが
多分シナリオも作り直したんでしょうね
登場キャラでは一がいい味出してます、というか一条さんこんなキャラもお手のものかとビックリ
あとテーマソングがわたし好みw

七人のオンラインゲーマーズ~オフライン~(G.J?)

七人のオンラインゲーマーズ~オフライン~

オンラインゲームで知り合った娘は同級生だった(これもかなりはしょってます)
こちらはこんな人だったというよりは、それがきっかけでリアルでも親密になっていく感じでしょうか
それだけ聞くと出会い系サイトみたいだw
オンラインゲームのギミックは非常に凝ってましたが、ADVなんであんま生かされてなかったのが残念です
戦闘もイベント要素が大きくギミックとしては面白いけど・・・という感じです
ラスボス強かったけど(^^;


おまけな話
顔文字はもはや文化かと
確かにキミはココにいたの方はヘビーユーザーの設定もあってかかなり飛び交ってましたw
あとROをやってる身としてはエモがどっちも似てるなと
ROといえばオンラインゲーム題材として一番違和感があったのがBOTがいない点orz
ROのは異常なんだろうけどねー
BOTについての話も機会があれば書こうと思います


どうでしたでしょうか?
多分他の人と目の付け所が違うと思うんですけどどうですかねw
稚拙な文章ですが参考になれば幸いです
今回は以上


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねとげーまー
2011年02月04日 19:36
「確かにキミはココにいた」を、昔やりたいと思って放置していて、タイトルがわからず困っていましたが、この記事から知ることができました。本当にありがとうございます!

この記事へのトラックバック